茨城県立県民文化センター

文字サイズ: [小] [中] [大]

催し物ご案内

リーフレットミュージアム

2016年8月   「鷲子神社(常陸大宮市)」

鷲子神社(常陸大宮市)
 茨城県と栃木県の県境にある鷲子(とりのこ)神社は標高470mの鷲子山の山頂にある由緒ある神社である。国道123号線から3キロほど山道を登っていくと森閑とした中に朱色の鳥居のある神社が現れ、巨大なふくろうの像が迎えてくれる。最近ではふくろう(不苦労)の神社として注目を浴びているようである。見事な山門をくぐると山上神社に続く階段がある。途中富士山が見える場所を通り、階段を登りつめるとご神木の千年杉がある。この杉は周囲が7mもあり、苔むした根本は見事であった。
 今回は林の中の重厚な造りの山門を描いてみた。神社全体にたくさんのふくろうが鎮座する不思議な神社であった。
作家紹介
渡辺 正則(わたなべ まさのり)
茨城県常陸太田市生まれ。茨城大学工学部精密工学科卒業。新世紀展、茨城県美術展、常陸太田美協展等に出品。個展16回((油彩+水彩)12回+スケッチ展4回)、二人展1回、グループ展多数開催。現在、新世紀美術協会及び茨城県美術展覧会会員。趣味は旅行、水泳、陶芸、オカリナ。
このページの一番上へ