茨城県立県民文化センター

文字サイズ: [小] [中] [大]

催し物ご案内

リーフレットミュージアム

2015年12月   「義公廟(常陸太田市)」

義公廟(常陸太田市)
 常陸太田市はわが故郷。水戸黄門で有名な水戸光圀の隠居した西山荘など歴史的に由緒ある土地である。
 光圀は寛永5年(1628年)生まれ。36歳で藩主となり、「大日本史」の編纂をするなど学問に力を注いだ。73歳の時に「義公」と称し、晩年を西山荘で過ごした。
昭和16年(1941年)に光圀の遺徳を偲び、西山公園の高台に義公廟が建てられた。義公廟には光圀が生母の菩提を弔うため法華経の一部を書き写した桧板や光圀が集めた明板一切経が収蔵されているという。
作家紹介
渡辺 正則(わたなべ まさのり)
茨城県常陸太田市生まれ。茨城大学工学部精密工学科卒業。新世紀展、茨城県美術展、常陸太田美協展等に出品。個展14回((油彩+水彩)11回+スケッチ展3回)、グループ展多数開催。現在、新世紀美術協会及び茨城県美術展覧会会員。趣味は旅行、水泳、陶芸、オカリナ。
このページの一番上へ