茨城県立県民文化センター

文字サイズ: [小] [中] [大]

催し物ご案内

リーフレットミュージアム

2015年7月   「静神社(那珂市)」

静神社(那珂市)
 那珂町と瓜連町が合併して那珂市になった。私は那珂市に住んでいるので、静神社と白鳥で有名な古徳沼をよく訪れた。表参道の鳥居をくぐり杉の林に囲まれた長い階段を上ると静神社拝殿がある。静かに手を合わせると、ひっそりとした佇まいに心癒される思いになる。静神社には水戸家第三代藩主綱條(つなえだ)公が奉納したという「三十六歌仙」の額があり、現在三十五枚が保存されているという。
 スケッチしている間に何人かの参拝者があり、静かに手を合わせていた。訪れる人は少ないが、静神社の狛犬はいつでも待ち続けている。
作家紹介
渡辺 正則(わたなべ まさのり)
茨城県常陸太田市生まれ。茨城大学工学部精密工学科卒業。新世紀展、茨城県美術展、常陸太田美協展等に出品。個展14回((油彩+水彩)11回+スケッチ展3回)、グループ展多数開催。現在、新世紀美術協会及び茨城県美術展覧会会員。趣味は旅行、水泳、陶芸、オカリナ。
このページの一番上へ