茨城県立県民文化センター

文字サイズ: [小] [中] [大]

催し物ご案内

リーフレットミュージアム

2014年7月 ふるさとだより 「甲子園の空」

甲子園の空
 7月の夏休み前、高校野球の県大会がある。甲子園の県予選で、大体の学校が全校応援をする。一つの白球を追って、グランドもスタンドも、ひとつになって夢を見る。ある田舎の学校で野球部の生徒に、「お前にとって甲子園に出るなんて夢なんじゃないのか」と言ったら、彼は「だって先生、全国の学校のグランドの空は甲子園につながっているんだぞ」と答えた。そうなのだ。7月の青空は、青春の夢でつながっている。夢だからこそ、時をこえ場所をこえてつながるのかもしれない。そして、その青空は、地球上のすべての地域とつながっているのだ。
作家紹介
宇留野 信章(うるの のぶあき)
茨城大学教育学部 中学校教員養成課程 美術科卒業。茨城県立太田第一高等学校、茨城県立水戸商業高等学校、茨城県立山方商業高等学校、茨城県立佐和高等学校、茨城県立水戸第二高等学校にて芸術科美術担当として勤務。水戸市展、茨城県展、一陽展に出品。1992年 第38回一陽展 奨励賞受賞。1993年 第39回一陽展 奨励賞受賞。2012年 第58回一陽展 会員賞受賞。現在、茨城県美術展覧会及び一陽会会員。
このページの一番上へ